プロ野球をVOD(動画配信サービス)で見るならコレ!目的別に紹介!

f:id:otokonobiyo:20181221220305j:plain

一昔前なら巨人戦はほぼ毎日放送されていましたが、ここ最近はほとんど見ることはなくなってしまいました。

クライマックスシリーズや日本シリーズ、オールスターや国際試合など注目の試合はテレビ放送がありますが、シーズン中の各球団の試合はほとんど見られないのが現状です。

そこで、

「テレビで見れないならVOD(動画配信サービス)で見ようぜ!」

となるわけですが、プロ野球を配信するVODはいっぱいあってどれが良いのかとても分かりづらいです。

なので、今回はプロ野球が見られるVODを目的別に紹介していきます。

 

 

まとめて全部見たいならスカパー

f:id:otokonobiyo:20181127011332j:plain

一つのVODで全ての球団の試合を視聴する方法は現状スカパーのみです。

プロ野球セットというプランがあり、各chを契約するよりも安い料金で契約することができます。

しかし、プラン料金3,685円+基本料390円の月々4,075円はコスパが良いとはいえませんよね。

【スカパー!】加入月は視聴料0円!加入料も不要!

・とにかく一つのVODで完結させたい人はコレ

・コスパは悪い

分かれてもいいからコスパ良く全試合見たい人はDAZN + Hulu

f:id:otokonobiyo:20181127011220p:plain

プロ野球12球団の全ての試合を視聴できる、最もコスパが良い方法がコレです。

巨人戦以外の11球団をDAZNで巨人戦のみをHuluでカバーするという作戦です。

月々の料金はDAZN1,750円、Hulu933円の合計2,683円です。

スカパーより月々1,300円も安いですね。

DAZN for docomo-初回31日間無料登録

【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中

・コスパ重視で12球団をカバーしたい人はコレ

・DAZNは他のスポーツもたくさん見れる

・Huluは野球以外にも映画やドラマ、アニメやテレビ番組などたくさん見れる

巨人戦を見なくていいならDAZN

f:id:otokonobiyo:20181127010918j:plain

巨人以外の11球団の全ての試合が見れますが、他球団主催の巨人戦も見ることができます。

11球団の試合をカバーしメジャーリーグも見れて月額1,750円は素晴らしいですね。

さらに、docomoユーザーなら月額980円で利用できます。

DAZN for docomo-初回31日間無料登録

・巨人ファンには向いていない

・他球団がホーム、巨人がアウェーの試合なら見れる

・メジャーリーグも見れる

・11球団の試合が見れて1,750円は安い

・他のスポーツもたくさん見れる

巨人戦だけでいいならHulu

f:id:otokonobiyo:20181127010932p:plain

DAZNとは逆に、Huluでは巨人戦だけを配信しています。

メインは映画やドラマ、アニメなどの動画配信なので、本当に野球しか見ない人は月額933を高く感じる人もいるのかもしれません。

ちなみに、「ジャイアンツLIVEストリーム」という巨人戦だけを配信している独自のVODがあるんですが、月々1,620円と本気で契約させる気があるのか疑うレベルの料金設定です。

【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中

・巨人戦だけ見れればいいならコレ

・野球以外にも映画やドラマ、アニメやテレビ番組など豊富なラインナップ

DeNA戦だけでいいならニコ生

f:id:otokonobiyo:20181127011444j:plain

「ニコニコ生放送」の「ニコニコプロ野球チャンネル」では、横浜DeNAベイスターズの試合を全試合生中継しています。

ニコ生の凄いところは、無料会員登録だけで見れてしまうところです。

ニコニコ動画ならではの、あの横に流れるコメント機能も使えるし、実況者が視聴者のコメントに反応してくれることもあります。

他とは一味違う楽しみ方ができるサービスとなっています。

月額540円でプレミアム会員になれば回線混雑時にも優先的に視聴可能で、映像も高画質で見ることができます。

ニコニコプロ野球チャンネル

【niconico】プレミアムなら終了した番組を後から視聴

・DeNA戦だけ見ればいいならコレ

・視聴料無料という最強コスパ

・サクサク高画質で見たいなら月額540円

パ・リーグを深く見たいならパ・リーグTV

f:id:otokonobiyo:20181127011534j:plain

「野球だけしか見ない!パ・リーグだけ見れればいい!」

という人はDAZNではなく、パ・リーグTVをオススメします。

料金も月額1,450円とDAZNより300円安いです。

パ・リーグ6球団の公式戦はもちろん、6球団の2軍の試合までカバーしています。

さらに、様々な角度から試合を観戦できる『マルチアングルVOD』や『VR配信』にも取り組むなど、登録者を満足させようという心意気が見て取れます。

是非セ・リーグにも見習ってもらいたいものですね。

プロ野球速報・ライブ中継 パ・リーグTV

・試合配信だけでなく選手達の豊富なデータをチェックできる

・独自サービスがある

・パ・リーグだけ見るだけならDAZNより安い

MLBならDAZN

f:id:otokonobiyo:20181127010918j:plain

日本人選手を中心に毎日4試合が配信されています。

いま最も注目の集まる日本人選手・大谷翔平が出場する試合は全試合が放送されます。

現状メジャーリーグをVODで見るならDAZN一択ですね。

DAZN for docomo-初回31日間無料登録

・現状MLBを見るならDAZNのみ

・日本のプロ野球も巨人戦以外全部見れる

・他のスポーツもたくさん見れる

補足

セ・リーグはパ・リーグの「パ・リーグTV」のようにまとめてチェックできるサービスがありません。

その代わり、各球団のそれぞれの試合のみを視聴できるサービスがあります。

「ジャイアンツLIVEストリーム」や「虎テレ」、「カープ動画ライブ」などですが、一つの球団の試合しか見れないくせにコスパが悪いので紹介しません。

まとめ

やはりDAZNはプロ野球11球団、MLB、その他スポーツを見られるという点では、圧倒的にコストパフォーマンスに優れていますね。

しかし、どの球団の試合を見たいのかは人それぞれです。

個人的には、僕は巨人ファンなのでHuluだけで事足ります。