高橋尚子の記録と功績!結婚は?独身?年収と名言も!パチンコ好き?

f:id:otokonobiyo:20180427095036j:plain

今回は“Qちゃん”こと“高橋尚子”について紹介します。
五輪金メダリスト、世界記録保持者、国民栄誉賞受賞など素晴らしい功績を残していますよ。
それではみていきましょう。

 

 

プロフィール

基本情報

名前:高橋尚子

生年月日:1972年5月6日(46歳)

出身:岐阜県岐阜市

身長:163cm

体重:46kg

種目:マラソン

獲得タイトル

オリンピック:金(2000年シドニー)

アジア競技大会:金(1998年バンコク)

 

現在はスポーツキャスターや解説者として活躍していますよ。

結婚目前の交際相手がいますが、げんざいはまだ独身のようですよ!

高橋尚子の記録、功績

Qちゃんの残した偉大な記録や功績を紹介しますよ。

日本女子陸上界の歴史に残る活躍をしていますよ!

日本陸上界悲願の金メダル

2004年、シドニー五輪で日本陸上界64年ぶりで戦後初、さらに日本女子陸上界においては史上初の金メダルを獲得しました。

30キロ付近でサングラスを投げて、スパートをかけたシーンはシドニー五輪の名場面となっていますよ。

また、ゴールタイムの2時間23分14秒は16年ぶりに五輪最高記録を更新しました。

これらの功績を称え、同年に国民栄誉賞を授与されましたよ。

世界最高記録更新

2001年9月30日、ベルリンマラソンで2時間19分46秒をマークし、当時の世界最高記録を叩き出しました。

日本人の世界記録保持者は実に36年ぶりであり、その後の日本女子マラソンが全盛期を迎えるきっかけを作りましたよ。

面白いエピソード、名言

ここからは高橋尚子にまつわる面白いエピソードや名言を紹介していきますよ。
パチンコ依存症って本当なんでしょうか?

“サングラス投げ”の真実

シドニー五輪の30km付近で自分のサングラスを沿道に投げ、スパートをかけるシーンは名場面となりましたが、本人はそんなつもりじゃなかったそうなんですよ。

2万円の高価なサングラスを監督に渡すはずが、監督が見当たらない。誰かいないかな?と周りを見渡すと父親が見えたのでそこに向かって投げたそうです。投げる際、隣を走るライバル選手に当たらないよう少し前に出たことが“サングラスを投げてスパートをかけた”と報道されてしまったようですよ。

愛称“Qちゃん”の由来

“Qちゃん”とは藤子不二雄の漫画『オバケのQ太郎』の主人公の愛称“Qちゃん”からきています。

では、なぜ高橋がそう呼ばれるようになったかと言うと、最初に就職した会社『リクルート』で『オバケのQ太郎』のモノマネを披露したからだそうです。

単純な由来ですがとても親しみやすく、愛される愛称ですね。

パチンコ依存症!?

週刊誌で一心不乱に食事も摂らず、11時間もパチンコに熱中している姿を週刊誌に撮られたことから“パチンコ依存症”ではないか?という噂が出回りました。

本人は「月に何回かしか行かないです。あくまで息抜き」と語っています。

まぁフィーバーしている時は、11時間ぐらいできちゃうのかなぁとも思いますが、これが原因で結婚を逃しているとかいないとか・・・

苦しいときに聞きたい名言

『痛い目にあったとしても、失敗すらできない人生よりずっと楽しい』

高橋尚子は学生時代からトップランナーだった訳ではありませんでした。多くの挫折を乗り越え、血の滲む努力をして掴んだ金メダルだったのでしょう。

気になる年収は!?

現役を引退した選手の収入源って気になるところですよね。

現在の彼女の収入源は大まかに以下のようになっています。

・スポーツキャスター解説者

・マラソン大会のゲストランナー

・CM出演料

・スポンサー契約料

ざっと見積もっても年収1億円ぐらいはもらっているんじゃないでしょうか。すごい・・・。

まとめ

彼女が日本女子マラソン界を牽引し、黄金期を築いたことは間違いありません。

今の日本女子マラソンが長い低迷期から抜け出すには、やはり彼女のように日本を引っ張っていく選手が必要なのかもしれません。