杉山愛を5分で解説!母との二人三脚でグランドスラム!獲得賞金は?

 f:id:otokonobiyo:20180326223802j:plain


今回は“ダブルスのスペシャリスト”と呼ばれた杉山愛について紹介します。

グランドスラム優勝など素晴らしい記録の数々を残していますよ。

 

 

 

プロフィール

基本情報

名前:杉山愛(スギヤマアイ)

生年月日:1975年7月5日(42歳)

出身地:神奈川県横浜市

身長:163cm

体重:55kg

利き手:右

グランドスラム最高成績〈ダブルス〉

全豪オープン:準優勝

全仏オープン:優勝

全英オープン:優勝

全米オープン:優勝

グランドスラム最高成績〈混合ダブルス〉

全豪オープン:2回戦

全仏オープン:準決勝

全英オープン:準決勝

全米オープン:優勝

 

グランドスラムとは、全豪オープン・全仏オープン・全英オープン(ウィンブルドン)・全米オープンというテニス界の世界4大大会のことです。また、1人の選手がその年の4大大会を全て制覇することもグランドスラムと呼びます。

 

シングルスでも全豪、全英でベスト8に入るなどの好成績を残していますよ。

 

杉山愛の記録、成績

ダブルスのスペシャリストと呼ばれた杉山愛はどんな記録を残したのでしょう。

日本人初の快挙を達成していますよ。

日本人初世界ランキング1位

1999年、全米オープン〈混合ダブルス〉で自身初のグランドスラム初優勝という快挙を達成しました。

さらに、翌年の2000年には全米オープン〈ダブルス〉では女子で25年ぶりにダブルス優勝を果たします。この年は年間7勝という快進撃をみせ、日本人として初めて“ダブルス世界ランキング1位”となりました。

 

グランドスラム優勝4回

ダブルスで3回、混合ダブルスで一回となんとグランドスラムを計4回も制覇しています。現在、日本人最後のグランドスラム優勝者で優勝4回は日本人最多記録となっています。

 

グランドスラムの優勝賞金は高額なことで有名ですが、杉山愛の生涯獲得賞金は約9億円とのことです。

すごい・・・。

 

4大大会連続出場記録

杉山愛は1994年のウィンブルドンにはじまり、その後62回連続でグランドスラムに出場しており、この記録は世界ギネス記録に認定されています。

 

1年間に4回グランドスラムが行われますが、なんと16年間もの間出場し続けました。

もちろんグランドスラム以外の大会にも出場しているので、過酷なスケジュールをこなせる驚異的な回復力と怪我をしない強いフィジカルの持ち主だったといえますね。

 

面白いエピソード

ここからは杉山愛に関する面白いエピソードを紹介していきますよ。

名言も紹介していますよ。

親子二人三脚で大躍進

2001年からは母の杉山芙沙子をコーチに指名し、親子二人三脚でツアーを転戦することになります。

このタッグが相性バツグンで数々のツアーで好成績を残しますが、なんと母の芙沙子さんはテニスの経験がないのです。

 

芙沙子さんは「知識や経験などの先入観を持たずに、第三者の目で見て指導してきた」とおっしゃっています。

 

プロ意識の高さがわかる名言

「アマチュアは一生懸命やって燃焼すればいい。でも、プロはプレーすることで、見ている人に元気や勇気を感じてもらうもの」

 

杉山愛のプロテニスプレーヤーとしての心構えを語っています。

このプロ意識の高さが、大きな怪我もすることなく活躍し続けた要因となっているのかもしれませんね。

 

まとめ

グランドスラム4回優勝など輝かしい功績を残し2009年に引退しています。

その後はコメンテーターや指導者として活動されており、今後の活躍にも期待したいですね。