伊調馨はオリンピック何連覇?吉田沙保里を避けて階級をずらした?

 f:id:otokonobiyo:20180307210936p:plain


女子レスリングといえば『吉田沙保里』を思い浮かべる人が多いかもしれませんが、もう一人忘れてはいけない選手が『伊調馨』です。

オリンピックにおける前人未踏の大記録をはじめ数々の偉業を達成しています。

 

今回はそんな伊調馨とはどんな選手かを紹介していきますよ。

 

 

 

プロフィール

基本情報

名前:伊調馨(いちょうかおり)

生年月日:1984年6月13日(34歳)

出身地:青森県八戸市

身長:166cm

 

姉の伊調千春も元レスリング選手でオリンピック2大会でメダルを獲得していますよ。

伊調馨が残した記録、功績

伊調馨はいったいどんな記録や功績を残したのか。

あの吉田沙保里も成し得なかった大記録を樹立していますよ。

オリンピック4大会連続金メダル

アテネ五輪(2004)で金メダル、北京五輪(2008)で金メダル、ロンドン五輪(2012)で金メダル、リオデジャネイロ五輪(2016)で金メダルと、なんと4大会連続で金メダルを獲得しています。

オリンピック4連覇は女子個人として人類史上初の大記録であり、それを受け2016年に国民栄誉賞を授与されました。

伊調馨の不敗神話

伊調馨は吉田沙保里と共に“不敗神話”で知られていますね。

その連勝記録は189連勝と驚異的な数字です。2003年から2016年の13年間一度も負けないという怪物じみた大記録です。

面白いエピソード、名言

ここからは伊調馨に関する面白いエピソードや名言を紹介していきます。

吉田沙保里を避けて

伊調馨は元々吉田沙保里と同じ階級だったのですが、同じ階級に吉田沙保里がいると苦戦するので階級を上げたそうです。

そして、階級を上げてから五輪4連覇、189連勝という記録を残しています。

個人的には伊調馨と吉田沙保里が現在同じ階級でないことを嬉しく思います。

だって国際大会等で日本人が活躍するところがより多く観れますからね。

靭帯が切れたまま金メダル

伊調馨はロンドン五輪(2012)参加のため、ロンドン入りした最初の練習で足首の靭帯を断裂する大怪我をしてしまいます。

本人は練習に集中して気づかなかったそうですが近くにいた吉田沙保里は『バツン』という音を聞いたそうですよ。

試合は炎症止めの注射、痛み止めを打って足首はテーピングで固定して出場していました。そんな状態でも終わってみれば、金メダルを獲得し五輪3連覇を果たします。

まさに超人の域ですね。すごすぎます。

努力の上の絶対的自信

「自分が負けるとすれば、レスリングは粗削りでもアフリカなどのずば抜けた身体能力を持つ選手。」

私は伊調馨のこの名言がとても心に残っています。裏を返せば、“相手の身体能力が自分と同程度もしくは多少上回っている程度では絶対に負けない”ということですよね。

技術や精神力では絶対に負けないと自負できるまで、どれだけの練習をこなしてきたのか想像もできません。

まとめ

伊調馨について、その功績やエピソードを紹介しました。その怪物っぷりを知ってもらえたでしょうか?

なんといっても今後の注目は、東京オリンピック(2020)に出場し5連覇達成なるか?というところですよね。今後も彼女の活躍から目が離せません。